--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.08
Thu
音楽をやっていると
機材欲しい、機材で壁を作りたい
機材の中に埋まりたい
コックピットに入っている感じになりたい
ラックにエフェクターを詰めたい
用途はなくともエフェクターを並べたい
アンプが欲しい
レコーディングするから音質の異なるギターが必要だ
良いマイクが欲しい
分厚い壁が欲しい(防音)
だって持つギターによって出てくるフレーズとか変わるじゃないですかあ
エフェクターの灯りは心がやすまります
ケーブルによっても音って変わるしねえ
アンプシミュレータも会社が違うと、音がかぶりづらくなりますよ
サブギターのサブも必要だろう
あの、目で見ても楽しむというかね
Macを買い替えることによって短縮できる時間を考えるとむしろお得なんです


など、などと
いう風に物欲が高まる時期があるし


もう機材減らしたい。。

となる時もあったりします。



実際にものを作る場合は選択肢が少ない方がいいから

現実的な回答としては
「良質かつ自分の好きな音を出す機材が2〜3バリエーションあり、しっかりと調整されている。」

状態なんでしょうねえ。
ケーブルをとっかえひっかえしている間に失われるものこそが
やはり人の心に届くものだとも思うし。

しかし慾を制御するのはげに難しきことですよ。

ああ、アコースティックギター欲すい。
(いや、でもこれは今は1本しかアコギ持ってなくて、ほら録音の時にそれですべてまかなうのもね云々。。。)

comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://sumomosumomomo.blog32.fc2.com/tb.php/751-a54b56f9
トラックバック
コメント
わぁ・・・・ 凄い 胸にグサッときますね。
共感しすぎて、いやはや。。

なんだか時々、「音楽」と「機材」は全く別のものなような、
機材は本来音楽を満たすためのもののはずなのに、
機材を増やすことが必ずしも音楽的拡張に繋がっているかというと・・ むむむ。

でも結局機材買う時は一番楽しいですけどね^^
おーる | 2012.11.09 01:37 | 編集
コメントありがとうございます!

「目的と手段が。。」というのはもはや人間の性なんじゃないかと
思ったりもします。(音楽に限らず)

機材は何を買おうか計画を練ったり
買ったりの幸せ感はすごいありますよねえ。

僕はもはや、機材が増えるのは諦め気味で
買った機材の値段分は音楽をつくらねばという感じでいます。

いやはや。
ciao | 2012.11.10 12:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。