--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06.30
Sat
ホイールを交換してそろそろ1年だし
最近タイヤの空気も抜けるのが早いし

ということで、リムテープ交換しました。

RIMG0652.jpg

RIMG0653.jpg

旧リムテープはSHIMANO製。
若干のへこみがありますが、これくらいのへこみって影響あるのかな

RIMG0654.jpg

結構みっちりくっついてました。



RIMG0655.jpg

新しいリムテープはこちら
これって16mmだなあ、もともとついてたのは18mm。。。

RIMG0656.jpg

RIMG0657.jpg

ドライバーで固定してはめ込みます。
最初は「テンションがきつくてはめるの大変そう」と思ってましたが
ぬるっとするっと嵌りました。

RIMG0658.jpg

綺麗につるっとしてて気持いいです。

スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
06.29
Fri
telescope vol2 ってことでですね。



どどん。

今回はバンドバージョンですよ。
バンド。


ド・ン・バ。


いろいろ試みつつ
皆様方にご協力いただいて、楽しめました。
(技術的な云々はまた後でメモしたいすね。)

1曲目は「ハイライト」
THE バンド曲なので、今回はぜひやりたいなあと。


千夜一夜 Podcast>こちらから

comment 0 trackback 0
06.17
Sun
告知ですよ。

ustreamでライブします!
望遠 vol.02 として 「犬が星見た.バンド版」です。

普段は孤独にぺちぺちと音を出しておりますが
この日は4人でゴワーですよ。ゴワー。

最初は
「3、4回スタジオに入ってするっとスタジオライブ配信しませうよー。」
などと思ってましたが、いざスタジオに入り出すと中々アレンジだったり
歌詞だったり、歌詞だったり、諸々で結構ながながとバンドライフを楽しませて頂きました。

日時!

望遠 vol.02
6/23(土)19:00 ~


楽しみである。

comment 0 trackback 0
06.10
Sun
ハードディスクに記録した物は電源をオフしても残るけれど
メモリに一次保存してあるものは電源をオフすると無くなるのですが。

人間の自意識というか、人格ってのもそんな物なのかなあと思ったり。
一度、脳がオフされるともうメモリを復活出来ない。みたいな。

主体的な「自分」と社会的な「自分」だと
また話が違ってくると思いますが。
その人らしい受け答えのアルゴリズムとかって
結構作れちゃうんじゃないかと。

ぼやっと思いつくままだなあ。


閑話休題


この ひと月は 「これが、社会人か。。」という位の
お忙しさで、帰宅出来ない日々で休日も、だいたい働いてましたのですよ。
ふぉほほ。

ふぅ。。

しかしまあ、忙しくても髪の毛はのびるし
音楽もやりますよ。

6/23 に ustream でスタジオからライブしますが
どうでしょう。
なんか盛りもり宣伝したいなーと思いつつ
良い案が浮かばぬね。

ライブに向けてエフェクターのセッティングと
macbookの設定をしてたら夜が更けました。

ずーずーず。




本日の一冊
停電の夜に/ジュンパ・ラヒリ

ref=dp_image_0.jpeg

忘れた頃に1節をふと思い出して
「あれってなんだったっけ」というようなそういうようなお話。

もうちょっと年取ってから読むとまた何かあるかもね。

comment 0 trackback 0
06.09
Sat
蛍光灯(ヤマタイコク)










---
Blunstone Tribute 5夜目

とっぴんぱらりの ぷう。
これにてヤマタイコクのBlunstone Nightはおしまいでございます。

僕は多分これからずっと
きっと死ぬまでこのバンドからは自由になれないんだろうなあと思ったり。

ヤマタイコクは自分にとってはまさに青春そのもので

こういうことを言うと、まあ、まさにオジサンになったなあという感じだけれども。

でも、そうだと思う。
もう戻れないすばらしき過去と
もう戻れない最低の日々

なのだ。

しかし人間というのは
何があっても死ぬまでは生きるというのが決まりなので

すばらしき糞ったれの日々を引きずりながら
僕は、今の僕の音楽をやるのだ。

さらば。



千夜一夜 Podcast>こちらから

千夜一夜 mp3版>こちらから
comment 0 trackback 0
06.06
Wed
レモンサイダー(ヤマタイコク)










---
Blunstone Tribute 4夜目

初期ヤマタイコクの良曲。
このころの曲はアイデアをバンドでしっかりと咀嚼してから
じっくりと曲にしていった感じですが
この曲もまさにそんな感じで出来上がった記憶が。

ギターソロをボーカルに弾いてもらうってのが
結構好きだったり。



千夜一夜 Podcast>こちらから

千夜一夜 mp3版>こちらから
comment 0 trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。