--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.27
Mon
ustreamでライブ


こいのあと


podCast版はちょっと音いじってます。(コンプ+EQ+リバーブ)


PodCastはこちらから
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
02.25
Sat
ustreamでライブ


愛のことば(cover)


podCast版はちょっと音いじってます。(コンプ+EQ+リバーブ)

だいぶ割れちゃってますね。

PodCastはこちらから
comment 0 trackback 0
02.25
Sat
最近は良いエフェクターボードが出ているのねえ(しみじみ)

RIMG0002_20120225141753.jpg

PedalTrain Jrです。
ハードケース版、ソフトケース版
あと大きさも各種あるみたい。

「金属製のスノコ」といってしまえばそれまでなんですが
使い勝手いいです。
今までは、エフェクターを「並列に」並べて踏むのが踏み辛く嫌だったので
直列に長いボードで頑張ってたんですが
RIMG0004_20120225141752.jpg

これは角度を付けてくれてなかなか踏み易いです。

RIMG0005_20120225141752.jpg
あとケーブルをくぐらせると見た目もすっきりできてよろし。

RIMG0001_20120225141753.jpg
前回のスタジオはこんな感じで

故障したと思ったLine6 M9が奇跡の復活を遂げたので組み込みました。

RIMG0003_2.jpg
おお、、ごつい。
自分には立派過ぎる感じになってしまった。

これだと
・基本的な音はコンパクト
・ワンポイントで使うエフェクターや空間系マルチとしてのM9
という使い分けが出来そう!

この足下ならコピーバンドなんかもこなせそう~(機材的に)

ということでずっと眺めてにやにやしてます。

comment 0 trackback 0
02.19
Sun
リアタイヤを交換しました。

RIMG0002_20120219013515.jpg

SERFAS TUONO HYBRID 32c です。
フロントタイヤがTIOGA の シティースリッカーで
このタイヤも32cなんですが、履いてみると35cよりも太そうなタイヤでして、
リアタイヤも合わせて太くしたいなあと思い変更。

・vittoria ランドナー 35c ⇒ vittoria ランドナークロスpro 32c ⇒ maxis デトネイター 28c ⇒ vittoria zaffiro2 28c ⇒ 今

なのですが、このタイヤ良いです。
zaffiro2も スリックタイヤだと思うのですが、ぐんと転がりが良くなった様な
楽に気持良く漕げます。
転がりが良くなったというのはちと違うかな、
タイヤのゴムが上質になって「綺麗に舗装された道路を走ってる」気持になるのです。
白線とか、滑らかにならされたばかりのアスファルトのような
あの感じです。

なのでとても自転車にのってるのが愉しかった。

フロントタイヤもこれにしようかなー、
お値段もリーズナブルですよ。
あとこのタイヤ、32cだけれど100psiまで空気圧があげられるというのもステキです。

ただ、耐久性はまだわかりませぬ。
これでパンクに強かったら街乗りクロスバイクに最適なタイヤじゃないかしら。

ランドナーは転がりも耐パンク性能も良いけどちょっとだけ価格高め。
zaffiro2は、乗り心地がややもっさり、お値段は安め。
デトネイターは乗り心地とデザインが良いが、いかんせんパンクに弱め。
ランドナークロスは、セミブロックだけあって転がりが。。
シティスリッカーは、耐久性と価格は抜群だけれども、転がらない。
路面にめっちょりへばりつくようで最初は困った。(1月くらい乗るとましになった気がする、慣れ?)

ということで遂にタイヤジブシーから脱却できるかも知れませぬ。

comment 0 trackback 0
02.16
Thu
comment 0 trackback 0
02.12
Sun
comment 0 trackback 0
02.11
Sat
朝起きたら、macがmidiの認識を拒否しおった。
ぐぬ。

久々のスタジオだー。と、スタジオに赴いたらLine6 M9が仕事を拒否しおった。
ぐぬぬ。

メンバーにメールが届いておらず「そうっす、今家っす」的な会話を。
落涙。

なんだろ、大殺界かしらん。
エフェクターはこまったな。
コンパクト⇒コンパクトいっぱい⇒コンパクトずらり⇒マルチエフェクター

という遍歴だったが、コンパクトエフェクターに戻るか。
車があれば機材のボリュームを考えなくていいからいいなあ。
こういう時には車欲しいなって思います。




久々の2人スタジオは愉しかった。
次回はもうちょっと人が増える、予定。

しかし頼み込んだら一緒に音楽してくれる人がいるってのは
この上なく幸せなことです。

大殺界とかいってる場合じゃねーすな。
うす!

あ、あと月~酒プロジェクトもやります。おす!

comment 0 trackback 0
02.09
Thu
comment 0 trackback 0
02.05
Sun
comment 0 trackback 0
02.05
Sun
CM。かなり久方ぶりにライブします。続きを読む
comment 0 trackback 0
02.01
Wed
今までぺらぺらなギターケースでアコースティックギターを持ち運んでたんですが
打痕が酷かったりでケースかいました。

IMG_0259.jpg

SKBのセミハードケースです。

IMG_0260.jpg
こんな感じで。

IMG_0262.jpg

感想は
「何故もっと早く買わなかったのだろう」という位に快適です。

凄く軽いハードケースという感じで、
アコースティックギターでギターそのものの重量が軽いのもあると思うんですが
重さを意識しなくてもスタジオに通えます。

ケースとしてもみっちりとギターを守ってくれる感じで
安心感があります。
クッションが厚いソフトケースとも全然違いますし。

あとは値段も、高級ソフトケースよりもぐっとお安いのです。
収納力もあるしなあ。


良い事ばっかり書きましたが不安なのは
ショルダーベルトですかね、

若干不安感のある縫い付けになってます。
多分こわれるとしたら、此処がちぎれてきて。。になるのかなー。

がっちり縫いつけて1000円くらい高価なのあったら言う事無しかと。

アコギを背負ってスタジオに通う方にはお勧めできますぜ。

comment 0 trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。