--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09.30
Thu
10月1~3日と旅にでます。

バカンスよりも冒険の方がすきなんだぜ。


スポンサーサイト
comment 2 trackback 0
09.27
Mon
記憶は何も語らない











---
スタジオでワンポイントRECすると
バランス難しいなあ。




千夜一夜 Podcast>こちらから

千夜一夜 mp3版>こちらから


comment 0 trackback 0
09.26
Sun
ペダルを新調するのである。

RIMG0020_20100926231803.jpg
↑MKS(三ヶ島) CT-LITE
どん。

RIMG0021_20100926231803.jpg
どどん。

RIMG0022_20100926231802.jpg
どどどん。

RIMG0023_20100926231802.jpg

もともと付いていたペダルは、
何故そんな風になっているかは判らんのですが
片面踏み仕様になっていて 平なのは片面だけだったのです。

表面 > 平ら
裏面 > 山型
になっていて、しかも重さの関係か裏面が上に来るので

漕ぎ出す時にはいつもペダルの面を確認して
足でちょいちょいペダルをひっくり返さないといけないので大変ストレッサブルだったのです。

RIMG0024_20100926231802.jpg


RIMG0025_20100926231802.jpg

今回のペダルは両面踏みなので快適になりそー。
近所を一回りした所、足との接触の感じも良くて嬉しい。

(デザインは前のペダルの方が しゅっとしてたかな。)

早く試したいなー。



んが、明日は雨っぽい。無念。

comment 0 trackback 0
09.23
Thu
10年前の自分と回線がつながったのなら

どうするかなー。

ヘローヘロー、どう?そっちは。


大人ぶってお説教とかするのかねえ。
もしくは、昔の自分の熱量に圧倒されちゃうかもねえ。


10年後の自分と回線がつながったのなら

何を話そうかな。

いらんことでお叱りをうけるんだろうか。

自分におこられたくねーなー。



未来の自分が想像出来ないってのは
おっかない事ではあるけど
楽しめる余地もあるってことなんだよなー

でも小心者だからなー

布団にくるまりながら進みます。





雨がやんだら秋になりそうだ。

comment 4 trackback 0
09.19
Sun
ドローウィング・ナイト










---
夕方の4畳半。せつねー。

でもちょっと好き。




千夜一夜 Podcast>こちらから

千夜一夜 mp3版>こちらから


comment 0 trackback 0
09.18
Sat
ちょっと前になりますが

藝祭に あとにひっついて 行って参りました。


RIMG0010_20100915060804.jpg

RIMG0006_20100915060805.jpg

RIMG0007_20100915060805.jpg

RIMG0008_20100915060805.jpg

RIMG0013_20100915060805.jpg


知らない(素敵な)世界を覗いたり触れたりするのは愉しい
作品は、いろいろ。

これからこの人たちはどんな未知を行くんだろうかと
ぼんやり思いつつ高い天井を見上げたり。




僕は
何者でもない誰かが何者かになる瞬間
に凄くひかれるのでして。


よき1にちでした。


comment 0 trackback 0
09.13
Mon
街灯はさみしさなんか感じちゃいない










---
秋の気配を感じつつ。

欲しい物とやりたい事がこんもりあるのです。

こんもり。





千夜一夜 Podcast>こちらから

千夜一夜 mp3版>こちらから


comment 2 trackback 0
09.12
Sun
アルコールとあんまり仲良くはないんですが、
少し入ってます、今。

人にどう評価されるかは、結構 僕をゆさぶったりはしますが
自分自身の己への声も、わりかし無視出来ない大きさがあったりして。


んで、今の自分は己に対して、なんかまぁ原因不明だったりしつつも苛立っていて

この声を無かったことにして生きるのは嫌だなあと思うので


わだかまったり 煮詰まったり 頭抱えたり 迷ったり
立ち止まったり 振り返ったり 後悔したり

しつつやってこうと


この感情は一晩たったら やっぱり消えてしまいそうなので
ここに記載しておくのです。



行為と作品で 世界と対峙したく。

comment 0 trackback 0
09.08
Wed
缶詰ナイトを開催する。


とのお達しがあったので、いざ三鷹へと赴く。

ルールは:
・各自缶詰3品目以上持ち寄る
・プラス甘味は1個
・外観、中身、特性、コストは査定する
・ジャンルは問わない
・なぜ人類は缶にものを詰めるようになったのか。それを語るレベルでの佇まいを望む。

缶詰の面々。

RIMG0022_20100908232355.jpg

RIMG0023_20100908232355.jpg

RIMG0024.jpg

RIMG0025_20100908232355.jpg

RIMG0027_20100908232354.jpg

RIMG0028.jpg
美しくも頼もしい缶詰達。

是を米で食する。


わけなんですがねえ。










出だしは、「美味しい、美味しい」とハシが進むものの、
4缶目くらいから急に動きが鈍り出す。

非常食だけあって、味が濃く、油が多いのである。
胃に余裕はありそうだが、油の許容量をオーバーすると
もう食べるのが苦行になってくるのである。


食べきれないコンビーフをカレー味にしたら良いのでは?
との案を実行するものの、パサついた物体が出来上がるのみ。

皆が浅漬けに群がる。

ガリガリ君を買いに脱走者がでる。

半裸でフローリング。


などと燦々たる有様に。




最終的には半分程皆が家に持ち帰りました。






非常食で良かった。。。

comment 2 trackback 0
09.05
Sun
第9地区


見ましたぜ。
これ、面白いねえ。

ひさびさに「おもしれえ映画」という感じ。

球をばしんと投げつけられる感覚。

デフォルメされた人間の描写が、
画面越しでちょうどよくリアルを感じられて良い。


comment 4 trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。