--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08.31
Sun
ここ何日か 東京の天気は まるで山の天気の様で

晴れとりますなぁ と思ったら 土砂降り 

のパターンが繰り返されます。

そんで、お恥ずかしい事に僕はこのパターンに毎度引っ掛かりまして
ずぶずぶになります。
(今日は毛布が、、)

--
スタジオ

うんうんと唸りつつ 曲をこねくり回す


帰ってきてからも こねくり回す




知恵熱がブスーと出るような感触で御座います事よ


ブスー
ぷすー
ぶしゅー
スポンサーサイト
comment 0 trackback 0
08.31
Sun
戸谷さんとスタジオ入る

RIMG0003.jpg


3時間スタジオがけっこうしんどい、むむぅ。
この辺り、学生時代のようには行かんもんで
スタジオ体力低下してるなぁと


しかしですなぁ、音楽を"やってきた人"の
引き出しとか、音とかは気持ちよいねぇ。

元ネタある曲を試したり、セッションしたりで
いくつか形に出来そうなものが見つかったり。


という事で studio take なのです。

どうやって録音してやろうか、と陰謀中。。。
comment 0 trackback 0
08.29
Fri
R8(カメラ)の液晶を保護する透明シールみたいなものと
ネックストラップを購入。

しかしね 保護シートってやつは、僕にはうまく貼れません!
ちこっと、空気が入りやがる。くそう。

メーカーが最初から貼っててくれると良いんだけれど、、
もしくは300円くらいなら払うので、きれいに貼ってもらえる
サービスとかがあって欲しいなぁ。

--
品川の奥ちょに行く、
そこはなんだか とうても瀟酒な土地でしてね
建物が、新しくも高級感があるものが多数で

おわあほあぷふう 


となる。

RIMG0004_20080829233923.jpg

↑これは消防署

他にも素敵な空間がたくさんあったのですが
人が住んでいる空間にカメラを向けるのは
やはり 憚られるものでして。

古いたばこ屋とクリーニング屋と、創作料理屋が並び立ってました
(よいねえ)



--
大切なものは きっと 名付けられない
その他もろもろなのでしょう

comment 0 trackback 0
08.29
Fri
やあやあ こんにちは
やっと君に出会えたのだ

まま、ここはお茶でも飲みまして。
それともコーヒーの方が良いかね?

--
探していた
フレーズや、メロディや、ことば に

出会えた時は とっても嬉しいのだ。


迷子になって 不安でしょうがなかった所で
ぽぬ と、知っている道に出たような

そんな気持ちにも近いような



いえーい
comment 0 trackback 0
08.26
Tue
なんか、「男らしさ」発言とかは苦手なんですが、
あえて言わせてもらいますと
「僕の憧れる男らしさとは」



虫をむんずと つまんでひねれる事でしょう。

なぜにしてこんな事を言い出したかと言いますと
先日、部屋にムカデが出没しまして
(天井に張り付いてた)

ひーひーぎゃーぎゃー言いつつ
「一思いにつぶしてやろうではないか」といいつつも
腰が引けまくっている自分

丸めた紙を投げつける自分
(いや、バシンとたたくには非常にたたき辛い場所にいたもんで)
(ほんとっす、やればできるんす。ただ、場所がたたき辛い場所にいたもんで。)
(ちょっとやつを移動させれば、あれっすよ、一発っすよ)

という事で今どうなってるかと言うと




同棲しとります。









まあねぇ、本人(ムカデ)の意思もある事だしねぇ。


自分がかわいらしい女子であったならば
むくつけき男共を呼び寄せたいです。
(んで、自分がコンビニに行っている間に始末してもらう)



うーむ、
悩みがある時に、害虫療法ってのは効果あるかも


comment 0 trackback 0
08.24
Sun
スタジオ

RIMG0015.jpg

に入りてREC

その後家に帰りMacに音を取り込むと
 なんか挙動不審、、
 という事で再起動
 しましたら今日のスタジオテイクが全て吹っ飛びました
 ああ、バックアップをとっておけば、、

デジタルの一発の破壊力を久々に思い知りました。

--
実家に置き忘れてきたカメラが届く。


近所
RIMG0005_20080824203012.jpg


川沿い
RIMG0006.jpg



RIMG0008_20080824202946.jpg



ねこ
RIMG0002_20080824203003.jpg



comment 0 trackback 0
08.24
Sun
歯医者にて、歯垢を取ってもらう

すっきり

--
一人スタジオ、1時間のみ

たのすい

写真を表示するような手軽さで
音をネット上に上げられたりできるとお手軽なんですがねぇ

軽やかにライブが出来るとらくちんなのです

「やりよう」を考えて、実行するのがよろしいでしょう
comment 0 trackback 0
08.23
Sat
部屋には 本と埃と時間が降り積もるもので

記憶の地層を探索するのもたまには良いかも

--
渋谷のツタヤに行く。

レンタルコーナーが吉祥寺ツタヤと比べて充実しており
興奮する、吉祥寺ではベスト盤しかなかったモンキーズと
1枚しかなかったペイブメントが多数あるではないか。
ブライアン・イーノの紙ジャケ多数あるじゃありませんか。

ほくほくじゃ。ほくほく。

スピッツの限定ライブDVDがあれば最高なんですがねぇ。

--
音楽は、天体や生き死にみたいだなぁ と思ったり
日が昇って朝がきて 日が沈んで夜になって
そこに「確かな物体」はないけど、僕らは「1日」を感じ取るのだから

キセルの曲の1節を思い出します
「僕らは 強くなったり 弱くなったり
 生まれて 死ぬみたいに」




あんどうとろわ
comment 0 trackback 0
08.20
Wed
つとつとと 夜が更ける

夏は もうどこかへ行ってしまったみたいで

抜け殻の暑さを纏いつつ 薄明かりの中を歩くのです。



--
なんだか今年は夏が早く終わってしまいそう。
去年は9月、10月くらいまで、げんなりする暑さだった気がしますが、


--
宅録が煮詰まってくる。
ここいらですぱっと切り上げて録音しときたいです。



夏の終わりから、秋、冬へと、
なんとも僕の好きな季節なのです。

「寂しい」のが好きなんでしょうか。



手紙を書くことができるのは、

はなればなれだからなのだ。 たぶん。



もすもす


comment 0 trackback 0
08.18
Mon
「扇風機

首降るはずが

ひとりかもねむ」

というわけで、扇風機の首が回らなくなりました。(一シーズン待たずに!)
うーむ、嫌な語感ですな。
安直に「未来を暗示している」などとは思わぬようにしよう。

--
実家から東京へ戻ってきて
1日はひたすらだらだら過ごして
本日から、また日々が始まります。


僕らは、昨日と同じ自分ではいられないのだ

それは5年後も10年後も、きっとそうで

僕らが望もうが嫌がろうが、僕らはどんどんと変化して行くのだ

見たもの、触れたもの、聴いたもの、口にしたもの、思い描いたもの

全部が響き合って混ざり合って、心拍音で踏み固められて

そうして僕らは変わって行くのだ

それはありがたい救いの手の様でもあるし

かなり残酷なスライドショーみたいにも見える

僕らに出来る事は、全力でもって生きる

ことだけじゃないかしらん



がおー
comment 0 trackback 0
08.13
Wed
昔の写真を見て「あの頃は○○だったんだねぇ」
と、発見することがあるように。

ふと気がつくと、(自分の)精神がけばけばしてるなぁ。
と、発見しました。

やりたいことと、やらなくてもよいことと、やりたくないことと
わすれてたことと、不確定な要素と、確かな結末なんかが

わっしょいわっしょいしています。
みんなでフォークダンスしています。
なごみつつキャンプファイヤーしています。
泥酔しながら熱い議論を交わしています。


肉ばかり食べていると疲れやすい体になるように(何となくの知識です)
理論ばかりが充満してると、脳みそと精神に負担がかかる気がします。

養老孟司は「夢を見ないでいると死ぬ」
(夢の混沌によって日中の体験を整理、消化しているとの説)
といってましたが、なんとも実感を伴って同意なのです。

僕には理路整然とした「理解できる世界」も混沌とした「名付けられない景色」も
どっちも必要なんです。多分。


ぶっ倒れない速度で走り続けるのが
一番しんどいけど、一番遠くに届くのでは?




トーマス。
comment 0 trackback 0
08.12
Tue
教科書で読んだきりの

夢十夜を読みたくなり
夏目漱石を読んでるんですが

思ってたよりもずっとポップ。
日本の小説におけるビートルズ的な存在なのかしら
など思ったり

学のない自分が読んでもギャップをそんなには感じないのでねぇ。
(今生きてる人達の文章と、何だか「地続き」な気がするのです。)

宵っ張りがどんどん進む



もうそろそろ遅刻危険な時間帯





ずーずーずー
comment 0 trackback 0
08.10
Sun
夏になると

夏になると

外で楽器が弾きたくなるでしょう

Martin backpacker classic





あこがれのMartinなのです

RIMG0005_2.jpg


クラシイクを練習しようかしら



ぽるろん

comment 0 trackback 0
08.09
Sat
僕が住んでいるアパートは

多分築20~30年くらいの
部屋の空気が人になじんでいるような所でして

すごく好きなのです。
(アパートの周りの環境も好き!)

ほんでですね、夏になると植物がずんずん育ちまして

RIMG0004_2_20080810014939.jpg

手すりを埋め尽くす勢いです

窓をくぐり抜けて
ちょこっとはいっている箇所も
あったりして

おののきます。震え上がります。

「笑ゥせぇるすまん」にそんな話あったなぁ
(観葉植物に入れ込んじゃって・・みたいな話)

とりあえず大事は無いようなので
もうしばらくは様子を見ようかと


「家守奇譚」にもそんな話あったなぁ
(ツタがどんどん部屋の中で育って行くと・・みたいな話)




とっぴんばらりのぷぅ
comment 0 trackback 0
08.08
Fri
最近iTunesで「!」マークが出てきて難儀してます
Mac「曲を掛けたいんだがの、ファイルが見つかりませんがな」

デッドリンク


という事なので、人間がファイルを探してみると。
あるべき場所に音ファイルは鎮座してまして。

人「ここにありますよ」
Mac「・・・(曲が掛かる)」

という事をこまこまやるはめになり、まいっとります。


同じ症状の人は結構いるみたいなのですが、今のところ
「手動で設定」意外の良い解決方法は見つからず

テクノロジを作り出して
テクノロジに使役させられる人間という構図

エアコン付けまくって外がますます暑くなるとかにも似てるかねぇ

はたから見たらコントのようでも
中に入ってしまうと何とも思わなくなるのです。

そういう意味では
僕らは始終夢を見て、夢の世界に住んでいるのかも。

思い込みの力(弊害、曲解、もしくはすばらしい希望)は
とうてもつよかろう。


こわこわ


--
本日 町工場に行きギター作ってもらう夢を見る
   うーん、ビックジャンボ
comment 0 trackback 0
08.06
Wed
先日、歌い手の某さんに言われるに

「これこれ」
「はいはい」
「あなたはキムチばっかり食べてるそうですな」
「はぁそうなんです、僕はキムチばっかり食べてるんです。」
「それじゃあれでしょう」
「はぁ」
「塩分が多いでしょう」
「はぁ」
「だからあなたは、しょっちゅう憤慨ばかりしているのでは?」
「はぁそうですか、しょっちゅう憤慨ばかりしてますか?」
「今日も、何かとぶーぶー言われてましたが、隣でぶーすか言われると・・」
「ブースカ言われるとすごい不快ですよね」
「そりゃ、まぁ、ものにもよりますがね」

「まずいですよねぇ」
「まずいですよ」
(省略と脚色含む)

という訳で、本日は焼きなすを作りました。

RIMG0008.jpg

焼きなすの様で、何かが違う
SFチックな体験。





夏に追い越されちゃう前に
旅に出なくては行けないのです
comment 0 trackback 0
08.05
Tue
暑くても

扇風機あれば

夏満喫(字余り)

湿度を数えて

ひとりかもねむ

--
そんなこんなで、昔ヤマタイコクに曲出したものの
選外だった曲を発見

こういう曲はその場で盛り上がりえいやと録っちゃったものなので
きれいをめざして録り直すのも、どうかなぁと思い
(きれいに録り直せる技術ないです)

そのままmy spaceに上げて見るのです。

タイトルがharmonicsという英語でちょっと気恥ずかしいわという感じですが、
Bassがポーンぽーん と鳴ってる所から付けました(と思う)。

スナップショットみたいな感じかと。

comment 0 trackback 0
08.03
Sun
にてヤマタイコク ライブ
next sudayは何ともほっこりした空間でした。

出演者の皆さんもほっこりしておりました。

満腹。


皆様ありがとうございました。


--
スキューバなどをしていると、どちらが上か分からなく事があるそうな

なので酸素がなくなって早く海面に出なければならないという時に
間違って潜ってしまう。という事があるそうな。
(僕はかなづちなのでよく分からない世界の話ですが)

今は、そんな感じ、なのかなぁ

でも、本当に大切な事は、決断そのものよりも
その後に来るものにどう取り組むかだとも思ったり


にんにん




comment 0 trackback 0
08.02
Sat
たまに担々麺が無性に食べたくなるのです。

RIMG0001_20080802234719.jpg

あかいなぁ、どれだけのラー油が使われてるのでしょう。
担々麺と大盛りライスを食します。
ビバ炭水化物。


RIMG0002_20080802234729.jpg

井の頭線を乗り過ごしたので
歩きで帰ります。

夏の夜にずるりずるりと自宅まで歩いて帰るというのは
とても贅沢な時間だと思う。

そういう意味では僕は本当に贅沢な人生を過ごしてきたし
現在進行形で贅沢に人生を消費してるなぁと思いますのです。

ビバ、ワンダーフルワールド。




閑話休題


--
Logic Express購入しましたー

RIMG0004_2.jpg

今まではDigitalPerformerだったのですが、IntelMac移行に伴い乗り換えました
まだちこりとしか触ってないのですが、だいぶ操作感は違います。

早く、スムーズに使用できるようになりたいもんです。

ただマニュアルがペラのみというのは大丈夫なんだろうか?


ビバ、テクノロジ。
comment 0 trackback 0
08.01
Fri
センチメンタルといえば、スピッツの曲にありましたなぁ
(フェイクファーはとても好きなアルバムなのです)

原宿へライブを見に行く

渋谷から原宿方向へ、ということはありますが、
がっつり原宿をおりて竹下通りを闊歩するなんてあなた

考えてみると初めての経験かも知れません

竹下通りはまるで、少女漫画のような世界だなぁと

道行く人がですねぇ、少女漫画に出演してそうなんですよ
(ファッション雑誌ではなくて)
うーん、自分がのこのこであるくのは勇気いりますなぁ
(僕自身は新聞の4コマに出てそうな人なので)

--
演奏を聴きつつ、思考が思い浮かぶまま放っておく
(そういう時間は自分には必要だと思う)


ここの所、いろんな事を根掘り葉掘り考えるのですが
もどってこないブーメランのように
砂漠に注いだ水のように
選挙演説で連呼される名前のように

なかなか考えが推進力をも持ってくれません




こんな時は

スタジオに入らにゃならんめぇ
comment 0 trackback 0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。